やっと晴れた♪

20090803-1

こっちも雨続きだったそうで、芝の成長はいまいちだが、やっと晴れた。

20090803-2

窓を開けているが、小屋の中は涼しい(気温25度、湿度70%)。

20090803-3

みんなで快適昼寝なり(^^;)

MRI画像入手

本日は、もね母が連れてレーザー治療のために通院。

週末のため、いつもと違う獣医師だったが、
「この程度ならば僕も手術は勧めません」
「人間でいったら、ぎっくり腰程度では」
「安静にしていれば神経が再生して治る可能性もあります」
「水泳ぐらいはしてもいいと思う」
などと言っていたらしい。

前回依頼しておいたMRI画像はCDにコピーしてくれた。
画像は数十枚?入っていて、専用ビューアーで見れる。
所見書に印刷されていたのと同じもののうち2枚を以下に示す。

20090729MRI-2 20090729MRI-3

(注)緑色の矢印と文字は所見書をもとにワシが書き込んだもの=不正確な可能性ありという意味(^^ゞ

ネットで「ヘルニア 犬 MRI」などのキーワードで検索すると、MRI画像がいっぱい出てくる。
脊椎の間からとびだした黒い影(ヘルニア)が脊髄をグニュッと押して変形させている様子が写っているものが多い。(→たとえばこんなの

それらに比べれば、もねさんのヘルニアがかなり軽いものだということはよく分かる。
治るか悪化するかは今後にかかっているが、放置して運任せにするよりは、治療を早く始められてよかった。

悪性の乳腺腫瘍の時も、かなり小さいうちに気が付いたので、きれいに摘出できた。
1年半ほど経つが、幸い、今のところ再発、転移の兆候はない。
今回もかなり早く対応できたと思うので、それなりの結果が出てくれることを望む。
ワシは医学を専門的に学んだことはないが、人間の医療の周辺を数年間うろついたことがあるので、その経験をもねココのためにちょびっとは役立てたいと思っているわけであるよ。

もねさん、通院

今日はワシが夕方からのお仕事なので、ワシが担当。

まずは血液検査。
麻酔で血圧が下がると高齢犬は腎臓や肝臓に影響が出ることがまれにあるので、そのための検査だそうである。
結果は1項目だけちょびっと基準値を上回ったが、ほかはすべて基準範囲内で問題なし。

その後、レーザー治療。
見ていないので詳細は分からないが、皮膚の上からヘルニア患部周辺にレーザーを当てる。
効くこともあるけど、効かないこともあるらしい。
手術やステロイドなどと違って、リスクがほとんどないのでよくおこなわれるらしい。
お灸みたいなもんですかね?

このほか、獣医師との間で今後の治療方針を確認。
内容をワシなりにまとめると、治療の選択肢としてはリスクの低い順に

  • ビタミン剤(B12)投与
  • レーザー
  • ステロイド点滴投与
  • 手術

ほかに

  • 針灸
  • マッサージ

などがある。

もねさんの状態を見ると、

  • 画像診断上、中程度からごく軽度の椎間板ヘルニアが4カ所
  • 後肢に若干の麻痺あり(前後方向の動きはあまり問題なし、横方向の力に対してふらつく)
  • 痛みはないもよう

という感じ。
そして、もうじき11歳というのも大きな判断材料。

治療方法については、

  • 手術はごく簡単に言ってしまえば、症状は改善することもあるが、改善しないこともある。リスクは当然ある。
  • ステロイド点滴投与は、3日連続通院で行い、費用6、7万円。嘔吐などの副作用はありうる。急性の椎間板ヘルニアでは効果がかなり期待できるが、もねの場合は、慢性?あるいは加齢に伴うもの?なので、急性の場合よりは効果がないかもしれない。
  • レーザーは患部周辺の血行を良くしたりする。症状は改善することもあるが、効果がないこともある。副作用は少ない。
  • ビタミンB12は神経の再生?を促進する。副作用は少ない。
  • 針灸やマッサージは、患部周囲の筋肉をほぐすなどして、症状を楽にすることが主な目的だが、症状が改善することもある。

―などなど。

これらの条件を総合的に考え、

  • とりあえずビタミン剤&レーザー治療で様子を見る。レーザーは1週間に1回程度。
  • 場合によっては、マッサージなどを取り入れることも検討。
  • 痛みが出たり、麻痺が進んだりしたら、ステロイド点滴投与などを検討する

―という方針で治療することを再確認した。

あと、MRI画像データのコピーを頼んだので次回もらえるかもしれん。

もうそろそろ仕事に行かねばならんので、今日はここまで。

急にグキッときて、痛くて動けないとか、下半身麻痺になったとかなら、手術するしかないが、もねさんの場合は、多発性だけど症状が軽いだけに、リスクの高い治療はしにくく、かえって治療方針が難しい。

リスクの低い治療を選びつつ、現状維持、あわよくば改善を、って感じですかなあ。