9/8-10のまとめ

もねさん、呼吸機能の数値が下がってしまったが、今のところ見た目では特に変化なし。
でも、呼吸が本当に苦しくなったらさすがに山にはいけないので、行けるうちにGo!

昼すぎ到着。

20120908-134858
海鮮ちらし寿司ですな♪
20120908-134905
食欲異常なし!(^^)
20120908-135007
「あたしの番~」

20120908-173103
夕方散歩へGo!
玄関を出て10メートル

20120908-173234-1
なぜか前へ進まないココちん?
おっ、あれかっ!

上の写真をアップにすると、

20120908-173234-2
昼間からこんなところにシカさん!
ココちん、また、例のあの「見えないふりですか」(^^;)→2008/9/11-18北海道アジ旅行(3)「然別湖編」(完)=上から12、13枚目あたりの写真に登場

20120908-173804
「シッコも落ち着いでできないですぅ」
 一周して小屋に帰還。

20120908-175608
「なっ、なんかありました?」(^^;)

20120908-200529
ココちん、プリンには「見えないふり」は絶対にしない(^^;)
翌朝、寝坊。

20120909-080450
朝ごはんが遅くて怒ってる?
20120909-080505
おなか空きすぎて泡吹いてる?

20120909-092041
クジャクアスターが咲いた♪
植えて2年目。
伸びすぎて倒れた。
夏前にもっと切り戻さないとダメだな。

20120909-114047
庭の片隅に怪しい人影(爆)
初刈払機女である。
金属刃は危ないのでワイヤーの刃に交換。
ワイヤーの刃は比較的安全だが、草を切るというより、引きちぎる感じで、草の破片がすごく飛び散る。
全身草まみれになっちゃうので完全防備なのである。

ワシの叱咤罵声を浴びて、もね母奮闘。

20120909-114520
もねさん、木陰から高みの見物(^^;)
一仕事終え休憩。

20120909-155558
もねココは、ワシらの休憩中が真剣勝負(^^;)
夕方、海鮮風バーベキュー。
もね母が買ってきた「マングローブの備長炭」???が着火後、バンバン爆ぜて七輪から飛び出し、落ち着くまでの間、ちょいと危険を感じた(汗)

20120909-181952
もねココ、ワクワク♪
20120909-183852
恒例「サンマ炎上」(爆)

20120909-184238
サンマとにらめっこするもねさん(^^;)
サンマが七輪からはみ出して首が曲がっちゃう。
大きめの七輪が欲しいなあ。

20120909-185421
もねさん、にらめっこに勝利し、サンマゲット!

20120909-191608
「ココもにらめっこ~」
最初から負けてるやん(^^;)

20120909-194442
もねさん、連続ゲット!
20120909-195224
焦燥感募るココちん(^^;)
20120909-195420
「やっともらえたっ!」
20120909-195433
食いついたら離さない
20120909-195458
「あ~っ、またもらってるぅ」と見上げるココちん(^^;
20120909-200315
「アタチにももっとください」
20120909-200320
自主フセしてみる
20120909-200411
悲しげな顔をしてみる

20120909-200426
「あきらめが悪くてや~ね」と達観のもねさん(^^;)
翌朝、

20120910-075749
家の中にいたクモをわしづかみして外に逃がす女

20120910-105655
洋芝夏枯れはそろそろピークを越えたか?
もうすぐ洋芝復活の秋である。
もたもたしているとせっかく芽が出ても冬を越せない。
ちょっと時期が早いかもしれないが、せっせとサッチ取り(枯芝を除去し地面を露出させる)して、種(ケンタッキーブルーグラス・アワード&トールフェスク・アリッド3)を蒔いた。
地面がカピカピなので適度な雨希望。
大雨とかは種が流れちゃうのでダメね。

20120910-105944
アキアカネ?
20120910-123826
もねさん、ソーメンがんばれっ!
20120910-123917
ヨシ、まだまだいけるぞっ!

 

【今回の主な作業】

  • 芝刈り、草刈り(クラウンベッチ)=もね母
  • サッチ取り、洋芝種まき(ケンタッキーブルーグラス・アワード、トールフェスク・アリッド3)
  • 帰り道でテルコムのサービスセンターに寄って酸素ハウス受け取り

呼吸器への影響

昨日、もねさん、変性性脊髄症(DM)の検査のため2カ月ぶりに大学病院へ。

以下、獣医師の説明概要 by もね母。

検査の結果、動脈血の酸素分圧がかなり下がっていることが分かった。
前回までは90Torrぐらいあったのが今回は66.9Torr。
70以下で「注意」、60以下だと「要酸素」。

通常、犬は胸式呼吸と腹式呼吸の併用だが、DMの症状が進むと胸の動きが悪くなり、腹式呼吸だけになってくる。
もねは現在、胸はあまり動いておらず、横隔膜を使っての呼吸が主になっている。

このような状態から何カ月も生きられるケースもあるが、短い場合は1カ月程度しかもたないこともある。

そろそろ在宅酸素の準備をした方がいい。
病院の推薦はここ→テルコム株式会社

日常生活で、興奮させるようなことはしない方がいい。
プール運動なども控えた方がいい。
でも、楽しみまで制限するべきではない。
山の別荘(標高1000m)へ行ったりするのはかまわない。
突発的に呼吸が苦しくなったりすることもあり得るので、携帯用酸素ボンベ(こんなの?→携帯酸素吸入器)などを用意して、散歩などのときに持ち歩くといいかもしれない。

本日、かかりつけの近医に報告。
相談の結果、念のため、近いうちにもう一度動脈血の検査を行うことに。
そして、呼吸機能の低下が再確認されたら、在宅酸素の準備をすることに決めた。

もねさんの現状は

  • 後ろ足はほとんど動かない
  • 前足もほとんど動かなくなってきた
  • 頭はまだ上げられるが、上げ方が低くなってきた
  • 寝ている時間が長くなっているが、食欲などは問題なし

―という感じ。

見た目では呼吸器への影響は全く感じず、まだまだいけるような気がしていたが、検査データの示す事実は重い。
今さらどうこうできるわけでもないが、何があっても対応できるように準備はしておかねばなるまい。

20120906もねさん
任せてな~ 心配ご無用!