癌細胞出ず???

久しぶりに山に来ましたよ~
が、とりあえずそれは置いといて、
ココちんの膀胱移行上皮癌、謎が深まった???

自宅から出発前、病理検査の結果が出ていないか聞こうと、もね母が大学病院へ電話した。
先日の検査の際、膀胱と尿道の上皮細胞癌と思われる細胞を採取、その検査結果が2、3日で出ると言われていたのである。
土日を挟んだが、もうそろそろ結果が出ているのではないかということで電話したら、すぐに折り返し電話が掛ってきた。
電話をくれたのは、ココの膀胱移行上皮癌?を診てくれている准教授本人。
で、その中身は、

「癌細胞が出ませんでした…」

えっ!それって癌じゃないってこと?

「臨床所見、画像診断から判断して移行上皮癌であることを疑う余地はありません。でも癌細胞が見つかりませんでした」

?????

前に、かかりつけ医で尿道からカテーテルを入れて細胞を採取し、外部の検査機関で調べた時も、癌細胞が出なかった。
その時は「膀胱移行上皮癌でほぼ間違いない。採取したサンプルに癌細胞がたまたま含まれていなかっただけだと思う」との説明を受け、そんなものなのかなあと思った。

今回は、お腹の外から針を刺して細胞を採取した。
(膀胱移行上皮癌の場合、針生検は癌細胞を散らすので良くないとの記述も見られるが、大学病院の先生は「確率の問題であり、大きな問題はない」との説明)
つまり異なる施設で、異なる方法で細胞を採取。そして異なる検査機関で調べたが、いずれも癌細胞が出なかったということである。
そんなことってあるのだろうか?

結局、今のところ、合理的な説明はつかないまま。
来週、CT検査などを行い、さらに詳しく調べることになった。

ココちんは、原因不明疾患の前科が結構ある。

肝機能の数値がめちゃくちゃ悪化。
原因がはっきりしないまま、対症療法で回復したことがある。

嘔吐を繰り返すため内視鏡で検査したら、胃の出口が閉塞していることが分かり、すぐに手術を、と言われたこともあった。
でもこの時もちょっと待って様子を見ていたら、自然に回復した。

今回は何らかの腫瘍らしきものがあることは確実だし、ピロキシカムを飲むまでおしっこの出が悪かったし、超音波検査で片方の腎臓が水腎症気味だと分かっている。
そして複数の医師が移行上皮癌で間違いないと言っている。

期待し過ぎは禁物。それは分かっている。
でも、原因なんて分からなくてもいいから、今回もいつの間にか自然に回復しちゃわないかなぁ。
完全に治らなくたって構わない。
何年か元気に暮らせる時間を与えてくれさえすればそれで十分。

20121002夕食ココ
今こそ不思議ちゃんパワーの出しどころですよぉ!

きょうも元気♪

ココちん、今日は病院通いお休み。
体調、問題なし。元気度8~9割って感じ。オシッコも異常なし。

もねさんもワシの顔をベロベロ舐めていつも通り。

20121001もねココ
ヨダレ母娘(^^;)
ココちん、次回検査は木曜日の予定。
これだけ体調が戻っているので、血液検査の結果に期待したい。

まだ分からないが、手術することになればしばらく山には行けなくなる。
あした体調に問題がなかったら、久しぶりに行ってみましょう♪