10/23-25のまとめ

もね母が所用にて不在。
ワシともねココは自宅でお留守番するつもりだったが、芝に殺虫剤を散布しに行けるタイミングはここしかないので、予定を変更して小屋へ。

仕事終了後に出発したため、到着したときは既に夜。

おぼろ月夜であった。

20101023-202216-01
おぼろ月夜。秋だけど…


デッキで月を見ていると、向かいのコナラ林でカサカサ音が…
懐中電灯を向けて、コンデジのシャッターをきると

20101023-202707-01


真っ暗闇に光る点が二つ(^^;)

これではなんだかよく分からんので、拡大して補正をかけると…

20101023-202707-02

おおっ、狸さんですね。

熊さんじゃないよね、たぶん(汗)

なにしてたのかな?
しばらくゴソゴソしていたが、立ち去っていった。
また来てね♪ ・・・熊さんじゃなくて狸さんなら(^^;)


翌朝、窓から外を見ていたら、「ゴンッ」と壁に何かが当たった。
外に出てみてみると

20101024-064844-01

デッキに小鳥さんが落ちていて、ヒクヒクして動かなくなっちゃった(;o;)
ガラスに鳥が激突したというのはたまに聞くが、壁に当たるとは!
すぐ近くのバードフィーダーでは別の小鳥がヒマワリの種をついばんでいるというのに…
庭の端っこに穴を掘って埋めてあげた。合掌。


さてここからが今回の本題、スジキリヨトウ退治である。

スジキリヨトウという蛾の幼虫が芝を食い荒らす。
ちょっとぐらいなら食われても構わないが、今夏の猛暑のためか、わが庭で異常発生し、知らんうちに芝が枯れてボロボロになってしまった。

殺虫剤なんて、もねココもいるし使いたくはないが、こうなってしまっては仕方がない。
用意したのは定番の殺虫剤スミチオンと殺菌剤のダコニール。
素人が芝の被害を見ても、原因が虫だか病気だか全然分からないので、殺虫剤と殺菌剤を両方撒くことにした。

1000倍希釈して4リットルのジョウロでひたすら撒く。
散布中にメシを食ったりしたくないので、飲まず食わずで、ひたすら薄めて混ぜて撒き続けること7時間半!

撒き残しはあると思うが、一応、全面に散布したつもり。

20101025-105209-01

撒いたその日の夜に雨が降ってしまったが、翌朝、雨が上がった後に庭に出てみると…

あっちでウニョウニョ、こっちでもウニョウニョ。
こんなにいたのか~ってぐらい、スジキリヨトウの幼虫が出てきていた。

昼間は地際に隠れているらしいが、薬が効いて苦しくなって出てきたもよう。
これだけの数が食いまくれば、芝も枯れるわって感じであった(汗)

スジキリヨトウの幼虫がいろんなところにバラバラにいたのに対して、なんだかゴニョッと幼虫が固まっているところがあった。
スジキリヨトウと見た目がなんだか違う。
あとで調べてみたらシバツトガの幼虫のようであった。
こちらも芝を食う害虫。アメリカからの移入種らしい。

(このへん、グロい写真をいっぱい撮ってあるが、載せると苦情が来そうなので自粛)

いずれにしても、もうちょい早く気づいて、対処すべきであった。
薬を撒くにしても、もっと少ない量で済んだはず。

芝もボロボロになっちゃったし、痛い教訓となった。
来年以降に生かすべし!

しかしまあ、芝生という単一植生に原因があることは明白なので、根本的解決策としては、もうちょい雑草などが混ざった生物多様性重視の庭にすべきなんでしょうなあ。
「すべき」なんて言わなくても、自然になっちゃいそうな気もするが…(^^;)


帰る日、ホームセンターで買ってきたアルミパイプとアルミの補修テープを使って、もねさんの車いすを強化してみた。

長さ調節用のネジ穴があるところの強度が他の場所より低そうなので、パイプを二重にした。
このあいだ、もねさんがハードな遊びをしていたとき、ネジ穴の箇所でパイプを折ってしまったが、これで安心か?
パイプを二重にした両端に応力が加わるような気がするが、しばらく様子見ということで。

20101025-140414-01

今回、もねココちゃんは薬剤散布中、ず~っと小屋の中で待たされていたので、写真はほとんどどなし。
庭には薬を撒いたので、外でお散歩してもらった。


スミチオンは野菜とかに使う場合、野菜の種類によって「収穫3日前まで」「収穫21日前まで」とか説明書に書いてあった。
散布当日さえ注意すれば、ほとんど問題ないはずだが、もねココは草を食べることがあるので、念のため、2、3週間は庭に入れない予定。

もねさん、DM診察のため大学病院受診


約1年ぶりに麻布大学附属動物病院脳神経科へ。
症状の進み具合などを久しぶりに診てもらおうという趣旨。

以下、付き添いのもね母の説明。

血液と神経反射を調べ、その後、医師の説明があった。
最近、血液検査で変性性脊髄症(DM)の症状の進み具合を調べられるようになった、とか言われたが詳細不明。

検査結果概要

  1. 血液検査:特に異常なし
  2. 神経反射:発症後1年以上たっている割にはかなり良好

検査後の医師の説明要旨

  1. 神経反射がいいのに後ろ脚で立てなくなるのが早過ぎる。リハビリをしましょう。効果があるはず
  2. 最近、マウスを使ったDMの研究でL-カルニチンを投与すると寿命が延びることが報告された。カルニチンを使ってみましょう

リハビリについては、もねの場合はまだ神経反射が良好なので、もっと後肢に体重を掛けるようなリハビリが必要との見解。足をひきずると傷になるのは分かるが、車いすで後肢を浮かせてしまうのはまだ早いとのことだった。車いすの方がよく歩くということであれば、散歩とかは車いすを使ってもいいので、家の中で腰を支えて後肢に体重を掛けさせるようなリハビリを毎日5分でも10分でもしたほうがいい。死んだ神経細胞は元には戻らないが、新たにバイパスができる可能性があるとの説明だった。

L-カルニチンについては、人のサプリとしても使われているので、副作用等の心配はほとんどない。似たような人の病気でも既に使われているとのこと。ただ、血中濃度を調べて高かったら使えない?ので、後日、検査結果が出てから決めましょうということになった。


もね母報告を受けてのワシの見解

  1. 後肢に体重を掛けるリハビリ:同意
  2. L-カルニチン:同意

確かに、もねさん、後ろ脚の力は衰えたとはいえ、動かないわけではない。車いすで遊ぶときとか、腰サポートで支えられてはいるが、普通に走っているかのようにブンブン後ろ脚が動く。リハビリをすれば効果があるはずというのは、うなずける説明。ただ、もねさんは自我が強いオンナなので、納得できないことはやらないタイプ。後肢をもっと使わせるためには、もねさんのモチベーションをいかに高めるかが課題といえよう(^^;)

サプリは既にビタミンC、ビタミンB12、ビタミンEなどを与えているが、神経反射は良好と聞いて一安心。効果があるのかどうかは確認しようがないが、今のところ害はないようなので継続する方針。L-カルニチンもダメもとで試す方向。

以上

10/17-19のまとめ

20101017-01
ワシともねココの写真は誰も撮ってくれないので自分で撮ることにした


20101017-02
ココちん、この日は青のTバック♪


20101017-03
ムラサキシキブに少ないながらも実が付いた!


20101018-01
冷えたね~ 5℃


20101018-02
赤い落ち葉と緑の芝生。なかなか派手な組み合わせですな(^^)


20101018-03
農業大学校で「ワ~イ♪」


20101018-04
「待てぇ~」


20101018-05
いい天気でした~。人もいないし♪


20101018-06
でかいカボチャが4つ!?


20101019-01
洋芝がひどい状態に!

ワシに無断で、夜な夜な盛大なサラダパーティーが開かれているらしい。

庭師さんに意見を求めたところ、「暑さによる病害虫の大発生」ではないかとのこと。

もっと初期の段階で芝が痛み始めていることには気づいていたが、「もねココのシッコのせい」とか「暑さのせい」とか考えていた。
病害虫のことも知ってはいたが、実際の被害を見たことがなかったので、判断がつかなかった。

不覚なり!

このままではイカンので、ついに次回、殺虫剤を撒くことを決断。
野菜にも使える農薬なので適正に使えば問題はないが、念のため、3週間ほど、もねココ立入禁止にする予定なり。
いい季節なのでお出かけして楽しみましょう!


【その他の作業】

  • ヨーロッパブナとカツラの幼苗を植えた
  • ノリウツギとトサミズキの小さな苗を植えた
  • 球根(スノードロップなど?)植えつけ
  • 野鳥の巣箱作製用材料購入
  • 芝枯れの箇所にオルトランを試しに少しだけ散布してみた