10/2-3のまとめ

ワシ、泊まり勤務を終えて朝帰り。
「もねココちゃん、ただいまぁ~♪」

20121002-092543
な、なんですか?、その厳しい視線は!
20121002-092555
あ、これを待っていたのね(^^;)

20121002-092611
よしっ、ココちんも元気だ!\(^o^)/
 もね母の帰りを待ってお山へGo!

ココちんが手術を受けるとしたら当分行けなくなるし、自宅が狭いので冬用布団が小屋に置きっぱなし!
いろいろと取りに行かねばならんものがあるのである。

到着。

20121002-172349
もねさん、ササミばかり睨んでないで散歩を楽しみなさい! ココちんはいい笑顔~
そして夕食。

20121002-192918
もねさん、なんですかその満面の笑みは?

20121002-192912
ジャジャーン、なんと冥土の土産シリーズ第?弾「あん肝の酒蒸し」ですっ!
全部はあげませんよ。

20121002-193008
ココちんも笑顔でアピール(^^)
20121002-193140
おっ、もねさんが「早く食わせろ顔」になってきた(^^;)
20121002-193159
ココちん、げっと♪

20121002-193645
あ~あ~、なんですかそのお顔は!(^^;)
一夜明けて、

20121003-084119
ヒマワリの種が発芽した!(汗)
バードフィーダーの真下である。
バードフィーダーに入れたヒマワリの種を野鳥が食べ散らかしたらしい。
発芽しない処理をしてあるはずだが、なぜか発芽してしまった。
寒くなったら枯れるだろうが、これが春とかだったら庭中、ヒマワリだらけになっちゃうかも(汗)
冬の間に消費せねば!

もねさん、お散歩へGo!

20121003-090809
こっちばかり見てないで、お散歩を楽しみなさい、お散歩を!
20121003-091949
ココちん、地面にスリスリして薄ら汚れていい笑顔~(^^;)

20121003-110310
もねカートの前輪を調整した
下側から4つのネジを緩めてプラスチックのカバーを外し、上に出たナットを締めるだけ。
使っていると少しずつ緩んで前輪の回転が変になってくるので、何ヶ月かに1回ぐらい締め直しが必要。
締め過ぎても動きが悪くなるので適度にね。

20121003-111423
ちょうどいい曇りで涼しくて昼寝日和♪

20121003-111526
デッキの下にも茶色い毛玉が!
きちゃないから出てきなさいっ!

20121003-111641
「だって涼しいんだも~ん」

20121003-111727
芝刈り女登場
涼しくなったら洋芝が元気でよく伸びる!

20121003-114327
ワシは12キロのおもりを使って腹筋強化中
別名「もね専用座椅子」(^^;)

ココちんの体調がとりあえず戻ったので、またやってみた。

20121003-140031-1
なにやら名のある立派なブドウですよ!

20121003-140031-2
H=(1/2)gt^2,g=9.8[m/s^2](初速ゼロ、空気抵抗無視)
 t=1/6[s]とするとH=13.6[cm]
写真から見ると20[cm]ぐらい落下してそう。
t=1/5[s]とするとH=19.6[cm]
これぐらいが正解か?
ということでワシのカメラの連写スピードは実験により秒速約5コマに決定(^^;)

そうこうするうちにまもなく着弾!

20121003-140031-3
喉に詰まらせないようにね(汗)

20121003-162845
「アタチを実験に使わないで下さい」
まあ、まあ、まあ…、おいしいものを食べられたんだからいいじゃないですか(^^;)

20121003-164041
芝の上に秋の味覚が落ちていた!

次も元気で来ようね!

 

【今回の主な作業】

  • 芝刈り
  • 芝の肥料散布

癌細胞出ず???

久しぶりに山に来ましたよ~
が、とりあえずそれは置いといて、
ココちんの膀胱移行上皮癌、謎が深まった???

自宅から出発前、病理検査の結果が出ていないか聞こうと、もね母が大学病院へ電話した。
先日の検査の際、膀胱と尿道の上皮細胞癌と思われる細胞を採取、その検査結果が2、3日で出ると言われていたのである。
土日を挟んだが、もうそろそろ結果が出ているのではないかということで電話したら、すぐに折り返し電話が掛ってきた。
電話をくれたのは、ココの膀胱移行上皮癌?を診てくれている准教授本人。
で、その中身は、

「癌細胞が出ませんでした…」

えっ!それって癌じゃないってこと?

「臨床所見、画像診断から判断して移行上皮癌であることを疑う余地はありません。でも癌細胞が見つかりませんでした」

?????

前に、かかりつけ医で尿道からカテーテルを入れて細胞を採取し、外部の検査機関で調べた時も、癌細胞が出なかった。
その時は「膀胱移行上皮癌でほぼ間違いない。採取したサンプルに癌細胞がたまたま含まれていなかっただけだと思う」との説明を受け、そんなものなのかなあと思った。

今回は、お腹の外から針を刺して細胞を採取した。
(膀胱移行上皮癌の場合、針生検は癌細胞を散らすので良くないとの記述も見られるが、大学病院の先生は「確率の問題であり、大きな問題はない」との説明)
つまり異なる施設で、異なる方法で細胞を採取。そして異なる検査機関で調べたが、いずれも癌細胞が出なかったということである。
そんなことってあるのだろうか?

結局、今のところ、合理的な説明はつかないまま。
来週、CT検査などを行い、さらに詳しく調べることになった。

ココちんは、原因不明疾患の前科が結構ある。

肝機能の数値がめちゃくちゃ悪化。
原因がはっきりしないまま、対症療法で回復したことがある。

嘔吐を繰り返すため内視鏡で検査したら、胃の出口が閉塞していることが分かり、すぐに手術を、と言われたこともあった。
でもこの時もちょっと待って様子を見ていたら、自然に回復した。

今回は何らかの腫瘍らしきものがあることは確実だし、ピロキシカムを飲むまでおしっこの出が悪かったし、超音波検査で片方の腎臓が水腎症気味だと分かっている。
そして複数の医師が移行上皮癌で間違いないと言っている。

期待し過ぎは禁物。それは分かっている。
でも、原因なんて分からなくてもいいから、今回もいつの間にか自然に回復しちゃわないかなぁ。
完全に治らなくたって構わない。
何年か元気に暮らせる時間を与えてくれさえすればそれで十分。

20121002夕食ココ
今こそ不思議ちゃんパワーの出しどころですよぉ!