ココちん、順調♪

久しぶりに小屋に行ってきたが、痛みも出ず、ほぼ全快状態。
カモさんを持って来て、足元にポイっと投げ出し「遊べっ!」とかやってる。
でもまだ薬が効いているだけかもしれないからダメ~
あとひと月はおとなしくしてなさい(^^

「遊べっ!」
「遊べっ!」

ココちん、診察結果

かかりつけ病院に先日のMRI&CT結果を持参、週1の整形外科医が診察した。
以下、もね母報告。

触診で首の左側の付け根付近を押すと、ココちん、体を硬くしてなんとなく痛そうな様子に。
触診の様子とMRI、CTの結果から、頚椎の変形している部分が何らかのきっかけで末梢神経に触って炎症が起き、痛みが出たのではないかとの獣医師見解。
こういうケースは治るまで通常6~8週間かかるので、もう1週間、消炎鎮痛剤を続け、その後、薬を切り、痛みが出ないか様子を見ることになった。
当然その間は安静を継続。

ちなみに、頚椎の変形については、フレンチブルやパグなどの犬種でよく見られるが、コーギーでは珍しいとのこと。「変形があっても痛みが出たりしなければ、気が付かないことも多い」らしい。

もねココ様子

ココちん、痛み止めのNSAIDはまだ飲んでいるが、この2日間で痛そうに鳴いたのはワシの知る限り1回だけ。
鳴き方も以前の悲鳴のような感じではなく、「イテテテッ!」ぐらいの感じ?であった。
本日午後、もね母に連れられ病院へ行く予定。
先日のMRI&CTの結果について整形外科の獣医師と相談する。

もねさんは車椅子の散歩は快調。だいぶ慣れてきた。
腰の高さを一定に保てるので歩きやすそう。
犬用車椅子って使ってみて分かったが、車椅子じゃなくて歩行補助器ですな。
症状が進んだら車椅子的な使い方もできるけど。
で、もねさんの場合は今のところ、歩行補助器的な使い方。
立ち止まったりするときは足がちゃんと前に出ないでナックリング状態になる時もあるが、速足の時は後ろ足もちゃんと地面を蹴っている。
車椅子を付けていることを除けば、ほとんど普通に歩いているようにも見える。

ただし、やはり症状はじわじわと進んでいるもよう。
家の中では左後ろ足を引きずったままのことが多くなってきた。
全く使えなくなったわけではなく、宅配便が来たときなど興奮した時は後ろ足もちゃんと使って吠えながら玄関に走っていく(^^;)
強いて言えば、短距離をゆっくり移動するだけなら、がんばって立ってふらつきながら歩くより、引きずって行っちゃった方が楽ちん、と学んでしまった感じか?