耐性菌(-“-)

もねココ、昨日、動物病院へ。

もねさんは、わきの下の傷の菌の培養結果が出ていた。
それによると、同定菌名は「コアグラーゼ(-)Staph」。
コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)という、よくある常在菌らしい。
だが、もねさんから検出されたのは、効く抗生剤があまりない、いわゆる耐性菌というやつ。
どうりで治りが悪いわけだ、という結果だった。
でも、ヒビテンで日夜バシャバシャと傷口を洗浄している効果か、膿の出方は減り、だいぶきれいになってきた。
抗生剤をビブラマイシンに換え、傷の洗浄を徹底して、さらに様子を見る。
傷は少し深くなってしまったが、膿が出なくなれば自然にくっつき始め、縫うことも可能になるという。

ココちんは、先日大学病院でステロイドを2日に1回にするように言われた。
だが、かかりつけ医はCRPが完全に正常値まで下がってからにした方がいいという慎重な意見。
確かにココちんの場合、ステロイドの減量を急ぐと、元気がなくなったり、CRPが再上昇したりする恐れがある。
ステロイドの影響で肝臓の数値は高いが、まだ問題になるほどではないという。
今回はかかりつけ医の意見を尊重し、もうしばらく1日1回投与でいくことにした。

昼もね
頼むよ、もねさん(^^;)

デキモノ、少し小さくなったかも♪

昨日、ココちん、大学病院で経過観察の検査。

エコー検査の結果、膀胱周辺のデキモノは「少し小さくなっているかも」。
水腎症ぎみの左腎は「変化なし」。
2週間前、尿管が少し太くなっているように見えた右腎側は今回は「異常なし」。
ステロイドを減らしたら上がっちゃったCRPは、ステロイドを元の量に戻したところ「低下傾向」。

ということで、「悪性腫瘍ではなく、無菌性脂肪織炎または無菌性肉芽腫」という診断を変更する材料はなく、現在の治療を継続することに。
ただし、現在のステロイドの量は多いため、長期間の投与は副作用の懸念がある。
このため、毎日1回投与から2日に1回投与に半減して様子を見る。

膀胱炎については、菌を特定し、効果的な抗生剤を選ぶことになった。
菌が特定され次第、結果の連絡を受け、かかりつけ医で抗生剤を処方してもらう。

大学病院で次に検査を受けるのは1か月後の予定。

20121101朝ココ
頼むよ、ココちん(^^)