1カ月たった

もねさんが大学病院での検査で「動脈血の酸素分圧がかなり下がっている」と指摘され、「短い場合は1カ月程度しかもたないこともありうる」と告げられたのが9月5日。

さらに、ココちんがかかりつけ病院で膀胱移行上皮癌の疑いを指摘され、「何もしなければ余命1、2カ月」と言われたのが9月18日。

ダブルショックに打ちのめされてから早くも約1カ月たった。
でも、もねさんもココちんも元気に生きている!

もねさんは先日の検査でなぜか?酸素分圧が正常値に回復(^o^)
暑くて「ハアハア」することはあるが、呼吸自体が苦しそうな様子はない。

ココちんも、一時体調が悪化したが、癌ではない可能性が浮上\(^o^)/
体調もステロイド投与で劇的に回復し、以前と同じようにニコニコ笑顔で過ごしている。

ありがたいことであるなぁ。
神さま、ありがとうですよ、ホントに。

20121015もねココ
このままGo!Go!ですよ~

「まだ五分五分ぐらい」

もねココ、かかりつけ医へ。

まず、ココちんについて。
もね母が「大学病院で無菌性脂肪織炎の可能性大と指摘された」と報告すると、
「えっ!」と担当獣医師ビックリ。
そりゃそうだよね、みんな、癌だと思っていたもんね。
担当獣医師は「う~ん、大学病院の先生がそう言うのなら…」としながらも、「まだ五分五分ぐらいに思っていたほうがいいでしょう」と慎重な様子だったとのこと。

で、今日はエコーと血液検査を実施。
結果は、

  • 腫瘍?の大きさは2.4 x 1.6 x 1.7[cm]。少し小さくなっているかもしれないが誤差範囲かも
  • 癌であるとすれば最初に転移するはずの腰下リンパ節に転移の兆候なし
  • CRPは0.6[mg/dl]で正常範囲

CRPが正常になったのでステロイドは明日から半分に減らし、抗生剤は止めることになった。

もねさんはわきの下の傷の診察。
傷はそれほど大きくないが、肉が盛り上がってきていない。
傷の表面が再生しにくい状態になっているもよう。
薬を変えてさらに様子見に。
それでも改善しない場合は、表面を取り除いて再生を促す必要があるかもしれないとのこと。

もねさんは地道に頑張りましょう。