もねさん、床ずれ?

もねさん、左前脚付け根の外側に床ずれのような傷ができてしまった。

「寝たきり犬は床ずれに要注意。一度できてしまったら簡単には治らない」と言われていたのだが…う~む

20121209もね床ずれができたのは伸縮包帯を巻いている部分。
包帯を外さないと見えないので、気が付かなかった。
同じ脚のわきの下の傷に入れたアクアセルAgがはみ出しちゃったので、今朝、もね母が病院に連れていき、獣医師が新たな傷を発見した。
2日前にはなかったが、少し大きめの傷になっているらしい。

わきの下に傷があるため、なるべく左側が上になるように寝かせていたので、体重がかかっていた時間は短いはず。
右側のほうが体重がかかっている時間が圧倒的に長いのだが、そちら側に床ずれはない。
床ずれ防止マットも使っている。
包帯で巻いているのが長期間になってしまったので、血行が悪くなっていたのか?
包帯の巻き方はかなり緩めなのだが…

とにかく、このままではよろしくないので、次回通院時にわきの下の傷を、ドレーン(排液用のチューブ)を入れて縫ってしまい、包帯をなるべく早く外す方針。
わきの下の傷は、もう少し時間を掛けてもっと良くなってから縫う予定だったが、やむをえまい。
床ずれの傷はいまのところ深くはないという。
様子を見て、こちらも縫うことになるらしい。

寝たきりになると、ちょっとしたことをきっかけにいろいろなことが起こる。
悪循環の連鎖をなんとか断ち切らねば!

ココちん、ステロイドさらに半減へ

昨日、かかりつけ医へ。

まずココちん。
順調なのでステロイドの量をさらに半減することに。免疫抑制効果が十分期待できる量ではなくなってくるので、体調等にさらに注意を払うようにとの指示あり。
ステロイドを減らし始めたら、減っていた後肢の筋肉が戻ってきたような気がする。
膀胱炎用抗生剤は継続。飲み始めから計6週間程度は続ける必要があるらしい。

もねさんの傷もまずまず順調。
大きい傷と小さい傷が1個ずつあるが、小さい方は自然にくっつき始めているとのこと。大きい方も回復傾向だが、大きいだけにもうしばらく時間がかかりそう。