8/30-9/1のまとめ


20110830-192257
餃子焼きは毎度ワシのお仕事

ワシが思うに、料理は簡単な実験と同じである。(除く、料理センス)
レシピの通りにやればいいだけである。
料理の下手な人は実験も下手に違いない。
(特定の人を指しているつもりはありません。敵をつくりたいわけでもありません)



20110830-201113
秋の夜長に幅2m超の大画面

いまだにテレビのない我が小屋に、突如、厚さゼロの大画面が登場!
(注:本体には厚さあり、熱さもあり)


20110831-125858
エヘッ♪

知らない人に年齢を聞かれ、「10歳です」と答えると、毎度絶句されるココちんです(^^;)

スジキリヨトウの幼虫による芝の食害は薬剤散布で止まったもよう。


20110831-125923
みょ~に人間くさい顔つきをすることが多いもねさん(^^;)


20110831-130002
期待の成長株、イタヤカエデの苗木がカミキリムシの成虫にカジカジされてしまった

カミキリムシ、多いな~
モミジ、カエデ系はいくら植えてもやられちゃいそうな勢い。
これだけ齧られると、ここから上は枯れちゃうかもしれん。
卵も産み付けられたかもしれん。
卵に薬が効くか分からんが、とりあえずなんか薬まいて様子を見る。


20110831-194240
夕食終了後も「まだなにか出てくるかも」と、ワシの席の両脇で虚しく待ち続けるもねココ(^^;)


20110901-102408
チキショー! シラカシも折られた!!

地面から1メートルぐらいの高さをボッキリ。
やはりシカの仕業か?
どうやればこういうふうに折れるのか、一度現場を見てみたい。



台風が接近していたので明るいうちに帰宅。
途中、神奈川、東京の都県境あたりで豪雨に遭遇。
追い越し車線の車が跳ね上げた大量の水をもろにかぶり、ワイパー最速でも数秒間、前が全然見えなくなった。
直線だから助かったが、カーブだったらちょっとやばかった。
久しぶりに車の運転でドキドキしたぜい。


【その他の主な作業】

  • 芝刈り、草刈り
  • 芝生を部分的にサッチ取り&播種(翌日の雨で流されちゃったかも)
  • 虫食いの多い苗木の株元にオルトラン粒剤散布
  • オダマキ(ブラックバロー)に種が出来ていたので、採取して周辺に播種

8/23-25のまとめ

また、もね母&もねさん&ココちんの◯△□トリオで行った。

20110825-152402
毎日、農業大学校へ行って遊んでいたらしい

新四文字熟語創造の現場(1)「一粒懸命」


タイトルを見ただけで分かってしまったかもしれないが、一応、解説しよう(^^;)


(広辞苑より)

【一懸命】 一懸命の転。

【一懸命】 (1)賜った1カ所の領地を生命にかけて生活の頼みとすること。また、その領地。太平記「―の地を没収せらる」 (2)物事を命懸けですること。必死。一生懸命。「試験を控えて―に勉強する」


今は「一懸命」が使われることが多いが、元々は「一懸命」であり、昔の武士が領地を守るために命を懸けたということからできた言葉である。


そして次の動画が「一粒懸命」の現場である。
現代の武士たるココちんの懸命さが伝わってくるじゃありませんか(^^;)


 


数百年後に日本語がまだ使われていれば、『ココ辞苑(電子版)』に

【一粒懸命】 一生懸命の転。

と載るであろう(嘘)