2018/10/30-11/1のまとめ 日向山

今回も深夜、車中仕事しながら到着。

翌朝、

20181031-101613

天気良し!

 

20181031-101640

アオハダが鮮やかな黄色。

 

20181031-130926

空にはうろこ雲。

 

20181031-131418

晴れと曇りの境目?

 

20181031-131447

ヤマモミジがだいぶ赤くなった。

この日は条件が良ければ日向山に行こうと思っていたのだが、少し風が強そうだったのでやめた。

誰かは昼寝していて全然起きる気配がないので、うにちゃんとお庭で「それっ!」

 

20181031-154714

 

ハードルの向こうで「ステイ」させて、ワシはこっち側で準備。
ファインダーを覗き、「ホップ!」と叫びながらシャッターを押す。
なかなか難しかったぞよ(^^;

20181031-155354

まずまずですな。
うにちゃん、空中姿勢が意外と可愛い(瞬間もある)。

 

20181031-155421

(数枚の写真のために何度も走らされて)
うにも「満足~♪」

ちょっと休んだらすぐ回復。
若いって、いいですなぁ(爆)

20181031-160018

そして、夕日に向かって、

20181031-160443

「じゃ~んぷ!」

なかなかいい感じですなぁ。
老体に鞭打って、うにちゃんと並行して走り(あっという間に抜かれ)ながら撮った写真である。

 

そうこうするうちに、誰かが起きてきたのでワシはカメラに専念。

 

20181031-161728

順光バージョン。
太陽が真正面なので、瞳孔が小さく、なんだか鋭い顔つきになる。

 

20181031-161952

こっちは逆光バージョン。

 

20181031-162034

ススキがきれい。
輪郭光もカッチョ良い。

 

20181031-162145

逆光だと黒目が大きくなるので表情も良いね。

 

20181031-162146

ホイ、ご苦労さんでした~

 

夜、

20181031-175445

たまにはもね母が着火。
しかし、完全に付く前に風呂に入ってしまい、風呂の換気扇で煙が屋内に逆流。
火災報知器がなるかと思って、ちょいと焦った。

 

翌朝、快晴!
風、ほとんどなし!

日向山へGo!

20181101-101826

途中で見えた富士山。
いやほんとに電柱、電線を埋めてほしい。
地元の人はなんでこの景観をもっと活かそうとしないんだろう。
太陽光パネルだらけにしちゃダメだよ。

 

20181101-102842

さらに途中でサル発見。
このまま人口減少が進めば、いつかはサルの天下になる?

道の駅「はくしゅう」から山の方へ。

20181101-104852

フロントガラスの反射が写り込んでいるが、日向山は右側の山の向こう側あたり。
甲斐駒は左の奥の方。

 

20181101-111459

林道の行き止まりに車を止めて、

 

20181101-112100

出発!

 

20181101-112232

紅葉きれい!

 

20181101-112321

下山の人と何度かすれ違ったが、うにちゃん、「いい子ね~」と褒められた。
ほんとは飛びつきたがるのを抑えるのに必死(^^;

 

20181101-112422

手ごろな岩にはとりあえず乗せてみる。

 

20181101-112502

この辺は黄色ですな。

 

20181101-112756

赤青黄&緑

 

20181101-112911

「四つ足」と「馬並みの心臓を持つオンナ」はスタスタ登っていくが、ワシは汗ダラダラのノロノロ。
足元を見ながらゼイゼイ登るが、ふと上を見上げると、

 

20181101-113130

きれい~

と、気を持ち直し、がんばる。

 

 

20181101-115216

 

20181101-120536

オンナふたりは、ダ~ッと登っては休む「ウサギさんタイプ」。
ワシはノロノロ登るが、休まない「カメさんタイプ」。休むといつまでたってもたどり着かないので…(^^;

 

20181101-124432

雨量観測所まで来た。

 

20181101-125151

なんだか地面が砂っぽくなって、空が開けてきた。

と思ったら、

 

20181101-125334

出た~!
日向山名物「天空のビーチ」。

最近、何でもかんでも「神ナントカ」とか「天空のナントカ」とか安易に形容するのでちょいとためらわれるが、本当に「山頂近くの絶景ポイントに広がる白い“砂浜”」ではある。

 

20181101-125352

うにちゃん、ベロをしまいなさい!(^^;

後ろは我が八ヶ岳連峰なり。
ワシの小屋は右の裾野の方にある(はず)。

 

20181101-125915

振り返ると、真ん中に甲斐駒。

 

20181101-130054

うにちゃん、やりましたぁ!

 

20181101-130325

オンナふたりは危なげな所へ行きたがる。

 

20181101-130404

中央右の赤っぽい点ね。

 

20181101-130752

「うにちゃん、気をつけてぇ!」
と叫びながら、こっちを向かせてシャッター(^^

 

20181101-130829

天空のビーチ尾根を疾走!

 

Google Photoが勝手にGIFアニメーションを作ってくれた↓

 

20181101-131322

「帰ってきたぁ!」

 

20181101-132936

記念写真。
右後ろは八ヶ岳。
三脚を持っていかなかったので、カメラ位置が低い(^^;
これ欲しいなぁ。

 

20181101-133336

「天空のビーチ」標高約1660mなり

 

20181101-133341

ちょいと引くと、こんな感じ。
タモリ連れてきたら、ウンチク語ってくれそう。

 

20181101-133921

いやぁ、雲ちょびっとしかない快晴でした♪

 

20181101-134632

さあ、下りますよ。

 

20181101-135050

途中で三角点にタッチ!

 

20181101-140037

カラマツ林。
だいぶ落葉したのかな。
明るい。

 

20181101-140905

真上を見てみるとこんな感じ。

 

20181101-141104

真っ直ぐですなぁ。

 

と、あれこれ写真を撮っていると、

20181101-143308

うにちゃん、ヤブにこっそり入ろうとしたところを見つかり「シマッタ!」

 

20181101-143613

「ここを下りてみたいのに…」

ダメ~!

この時間ならもういないだろうと油断して、1回だけ、登ってくる人を驚かせてしまった。
四つ足がいきなり目の前に飛び出したら驚くよね。
ごめんなさいです。
油断禁物ですなぁ。

 

20181101-143718

この辺はモミジが多いのかな?

 

 

20181101-145726

黄色に日が差していい感じ♪

そうこうするうちに、

20181101-151131

到着。
前回の夜叉神峠より、少し長くて、ちょい疲れた。

 

さあ、人口過密地帯へ帰りますよ。

20181101-161552

なんだか雲が夏みたいだなぁ。

 

【今回の主な作業】

  • ゴロゴロ骨休め

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください