ようやくココちんの鳴きパターンがつかめたか?

ココちんが何の前触れもなく突然「キャイン」と鳴くようになってから1週間。
鳴くパターンがようやくつかめてきたような気がする。
急に動いたときに鳴く。どうもこれらしい。
じっとしていた状態から急に動いたときに、痛い、あるいは痛くなるような気がして鳴いちゃうらしい。

さてどうするか?

検査で異常は見つからなかったし、とりあえず無理しないようにして様子を見るしかないかな?

4/29のぶつくさ

  • [17:00]ココちん、元気は戻ったが、寝ているところにドアを開けて急に入ったら悲鳴を上げられてしまった。寝ぼけたのか?(–;) この間は散歩中に犬好きのおばさんになでられたら悲鳴を上げてた。よく分からん。どうしたココちん? 何かトラウマでもあるのか? #

もねさん、車椅子初使用


家の中で試してみて調子良さそうだったので、外で初めて使ってみた。


 


ゆっくり歩くと足先を路面に擦るので爪が少し擦り減りそう。
もうちょい高さなどの調節が必要かも。
速足だとほとんど擦らず、いい感じ。
足の甲の部分をする心配はほとんどないので、靴下やテーピングは不要か?
爪の擦り減り具合だけ、しばらく様子見。



想像以上に自由に歩けるが、真横に平行移動することだけはできないので、車の多い通りなどはとりあえず避けた方がよさそう。
道路の端っこを歩くとタイヤが路肩に接触して進めなくなることがあったが、これは人間が慣れてそうならないように誘導すれば問題ない。
腰を下げられないので、シッコ、ウンチがちゃんとできるか心配だったが、もねさんは全く問題なく、一発でできた(^^
和式トイレしか使ったことがなかった人が、初めての洋式トイレでもちゃんとできるようなものか?(笑)



後ろ足は浮かしてはおらず、足の裏が地面にちゃんと付くぐらいの高さ。
後ろ足にもある程度体重はかかっており、ちゃんと地面を蹴って歩いている。
(将来、後ろ足が動かなくなったら、地面に擦らないように浮かすこともできる)
補助なしや、吊りベルト補助でがんばって短い距離しか散歩できないより、車椅子で長距離歩く方がいいリハビリになるかも。

一番いいのは、散歩が楽しくなること。
がんばって苦労して歩くのでは、犬も人もどうしても楽しく散歩できない。
車椅子を使うと、もねさんは自分の意志で自由に動けて楽しそうだし、楽しそうなもねさんを見てワシらもうれしい♪