福岡にて

先週末に行った福岡春日大会。
試合結果は散々だったけれど、久しぶりに九州の大会でいろいろな人に会えて楽しかった。

そして、会えると思っていなかった友達との再会があった。
嬉しくて、楽しくて、そして悲しい再会だったけれど、会いに来てくれて本当に嬉しかった。
彼女達に会えただけでも、福岡に行ったかいがあった。
本当にありがとう。

絶不調に終わる(泣)

 27、28日のJFA福岡・春日大会。

 ジャパンファイナル枠は25位以内に拡大が決まり、もねは当初枠の15位以内、ココは25位以内を目指しポイントアップを狙ったが、今シーズン最低の成績に惨敗した。

 初日は小型犬大会で、もね22点、ココ16点。春日特有の風の中、他チームもポイントが伸び悩み、もねはかろうじて決勝進出したが、全然ダメだった。

 2日目は小型犬大会で、もね0点、ココ11点。もねは取れるスローをキャッチミスした上、リターンに時間がかかり、2投しかできなかった。ココもなんだか、調子が乗らずダメ。とーちゃんのスローも、もねの0点ショックが尾を引いてダメだった。

 もねがこんなにキャッチミスをしたことは今までなかった。もねココともヒートの出血は終わっていたが、男の子にスリスリしたり、とーちゃんの腕を相手に腰を振ったり(^o^;)。精神的にはまだヒートが終わっていなかったようで、集中力がなかったのかもしれない。

 2日目にユースで5試合参加をようやく達成。鹿児島代表でファイナルに行けることが確定したが、試合結果はもね0点、ココ1点で、いずれも2Rに進めなかった(泣)。

 こんな状態ではファイナルに行けても、試合を楽しむことさえできない。残すところ約1カ月。とーちゃんの仕事の関係でファイナルに参加できるかどうかも五分五分だが、何とか、もねココのコンディションを立て直さなければならない。

by

仔猫 後記

最後の仔猫がもらわれていってから、もうすぐ1週間。
仔猫の姿を思い出しては、ちょっとおセンチになっていた私も、今では仔猫達の幸せを信じている。
2番目にもらわれていったチーちゃんは『ちびちゃん』と名付けられたそうで、すごく可愛がってもらっているとの連絡も入った。
同じような名前を付けられたんだね~。(笑)

仔猫が居なくなって、変わったことといえば、ココがちょっぴり甘えん坊さんになったこと。
もねは仔猫がいようがいまいが、甘えたいときに甘えていたのだが、ココは仔猫を押しのけてまでは甘えられなかったらしい。(^^;)
何しろ、仔猫がいた頃の我が家の順位は、もね>仔猫>ココだったのだから。(笑)
目が会うと、『なんとなくイヤ~』って目を逸らすのは、ココのほうだったし。
仔猫もココ相手だと逃げもせず、終わりの頃には50cmぐらいの接近も可能になっていた。
今思うと、結構強気だった。(笑)
ココだけだったら、我が家で仔猫飼えたかも。(^^)

ということで、仔猫が我が家に来て一番とばっちりを受けていたのは、一見もねに見えて、実はココでした。
ココちゃん、もねや他のワンコには強気なくせに、仔猫には弱かったね~。(爆)

明日から、福岡春日でたぶん今年最後になるフリスビー大会。
何とか15位以内に滑り込むべく頑張るぞ~☆
と思っていたら、どうやら25位枠に拡大されることが決定された模様。
JFA様ありがとう♪
(みさきさん~☆教えてくれてありがと!!!)
これで少しゆったりした気持ちで試合に望めそう。(^^)