2001年3月 “富士山麓、残雪と遊ぼう”の旅
〜3/12-13〜

お友達の柴犬のポンチと河口湖へ一泊旅行。
久しぶりのご対面で、ポンチと仲良くしてくれるかしらとのもね母の心配をよそに、もねはパワー全開。
助手席のポンチに『後部座席に来んかい!』と吠えまくる。あ〜うるさい。
そんなもねはほっといて一路、山中湖へ。

山中湖では「ママの森」というカフェで一休み。
ベランダから山中湖&富士山が一望できて、とっても気持ちいい。
オーナーのママに近くで雪遊びできる三国山を教えてもらって、早速出発。
今回の旅行の目的は、もねとポンチを雪の中で遊ばせること。
三国山のパノラマ台から山頂まではまだ雪が残っていて、絶好のスポット。
しばらく2匹はキタキツネ状態で、(キタキツネと呼ぶには、もねは太いかも)
雪の中を大はしゃぎして、飼い主ともども大満足だった。

『何かいいものあった?』
遅い昼食をドギーパークでとり、宿泊先のP.モンターニャへ。
お庭のドッグランにも雪が残ってて、穴がぼこぼこ。
その中を注意深く歩くポンチの後を、
穴に足を突っ込んでずっこけながらもねがついていく。
後姿がどんくさくて、笑えるよ〜.。

ペンションの夜のケーキタイムには、宿泊してたコーギーの小春ちゃんや、
ペンションのM・ダックスのジョーカー君やS・プードルのベアー君も参加して、
犬の話で盛りあがった。
ワンコ達はちょっとお疲れ気味で、11時半に部屋に戻ったらバタンキュー。

『ポンチちゃん、いい匂いだね〜』(もね談)
翌日は、西湖へ。
水遊びをさせよう思ったんだけど、
ポンチが捨ててあった腐った撒き餌を見つけちゃって、
もね母達が気が付いたときには、もう撒き餌の上でゴロンゴロン。
戻ってきたポンチはオレンジに染まって、なんとも言えないいい??匂い。
ポンチのお姉さん、呆然。
もねはというと、スリスリする前にもね母につかまり、
よっぽど無念だったのか、何もないところでゴロンゴロン。
なんか、ずれてる....。

とにかくこの匂いを何とかしなくちゃということで、ペンションに逆戻り。
シャワー、シャンプーなどをお借りして、ポンチをシャンプーさせてもらった。
(ペンションの皆さん、ありがとうございました。)
その後、富士宮の富士ミルクランドへ。
相変わらず牛や羊を怖がるもねを尻目に、ポンチは全然平気で牛のそばへ。
う〜ん、この違いはなに?!

ここにも広い芝生の広場があったけど、
西湖のことで懲りたポンチのお姉さんは、ポンチを自由にする気になれず、
もねひとりがポンチの周りを走り回っていた。
その後、2匹を車に残して、またまた遅い昼食。
もねもポンチも留守番中、ワンとも吠えなかった。(お疲れ気味?)

こうして、疲れた2匹と満腹な2人を乗せて、車は帰路へ。
今度は泳いでも風邪ひかないシーズンに行きたいな〜!

前へ 次へ