2001年2月沖縄旅行
〜2/24-28〜

2000年末、JASから届いた手紙で、もねのとーちゃんのマイレージがもうすぐ消えることが判明した。
「消える前に使わねば」と、とりあえず予約を入れたのが沖縄便。
寒い季節にはやっぱ暖かいとこでしょ、との単純発想だが、
もね父母ともに沖縄は初めてで、もねも飛行機初体験なのであった。

【事前準備】 1.飛行機
JASに電話して聞いたところ、
・犬はケージに入れ、手荷物として預ける
・犬を入れるケージはJASから借りられる
・犬を入れる貨物室は客室と同じ空調
・犬を預ける場所は普通の手荷物預け場所
・料金は体重別
2.宿探し
沖縄に犬可の宿は非常に少ない。
いろいろ調べたが、以下の3カ所しか見つけられなかった。
1)恩納村・ペンション「サーフサイドイン万座」
2)読谷村「Pハウスゆめあーる」
3)渡嘉敷島「とかしくマリンビレッジ」

               (もっと調べれば他にもあるかも)
3.観光施設の犬可否
いろんな犬さんの沖縄旅行記HPを参考に。
ビーチは犬不可が多かったが、無料の公園などは結構大丈夫そうだった。
4.フェリー
渡嘉敷島便は、高速船とフェリーの2種類。
客室内はペット不可だが、デッキならばOK。
5.レンタカー
レンタカー会社に聞いたところ、犬OKとの返事で一安心。
【1日目】
自宅

(マイカー)

羽田空港

(JAS)

那覇空港

(マイクロバス)

レンタカー営業所

(レンタカー)

首里城

恩納村・ペンション「サーフサイドイン万座」
 羽田空港に車で到着、JASのカウンターへ。
 それまでおとなしかったもねは、ケージに入れられそうになると踏ん張って抵抗。
 「なにすんのさっ!」と大声で吠え続け、周りの客から好奇の視線を浴び、飼い主は恥ずかしげにその場を去った。ごめんね〜。

 ちなみにもねの運賃はケージ込みで11,570円、結構高い。
 約3時間後、那覇空港へ到着。空港の通路の窓から「もね、無事に着いたかなあ」と外を見ていると、コンテナを牽引する車の座席にケージを発見。もしや?と近づいてくるのを見ていると、ケージの中でお座りしている犬の姿。やっぱりもねだ。
 急いで手荷物受取所に向かうと、「早く出せっ」と騒ぐもねの吠え声が・・・。
 空港でレンタカーを借りて早速、首里城観光へ。
 首里城では世界遺産指定のお祝いイベントの真っ最中。
 「かわいいー」と、あちこちで歓迎を受けながらご機嫌で歩いていくと、前方に獅子舞?姿のお兄さんたちを発見。テケテケ近寄っていったもねだったが、獅子の頭がゴソッと動いた途端、びっくりして横っ飛びし、「ウォウォウォウォウォーン」と大騒ぎ。
 やっぱり驚いたねぇ、もねちゃん。イベント会場の大勢の観光客に大受けしてしまったのであった。
【2日目】

(レンタカー)

万座毛

瀬底島ビーチ

海洋博公園

きしもと食堂

慶佐次マングローブ林

恩納村・ペンション「サーフサイドイン万座」
 まず、ペンションから車で数分の万座毛に。青い海の上に崖がそびえる観光名所で、観光バスがいっぱいで団体のお客さんだらけ。
 うーん、こんなはずでは・・・、と思いつつも、一応見て回るが、すごい強風であまりゆっくりできなかった。
 恩納村周辺のビーチは、犬禁止のところが多い。ペンションのオーナーによると、以前は犬OKのところもあったが、人を噛む事件があって以来、ダメになったとか。
 そんなこんなで、車で1時間ほどの瀬底島へ。本島から橋を渡って着いた島には人影のほとんどない、白い砂浜があった!
 もねは早速大爆走。黒いお鼻に白い砂粒がついて、なんだかブタさんのようなお顔になってしまった。
 本島に戻って海洋博公園へ。人の結構多かったけど、無料区域は犬OK。
 坂道を下った先には、またまた白いきれいなビーチが。さんごのかけら?を拾う人々を横目に、もねは海に向かって、ホップ、ステップ、ジャーンプ!本当にきれいな海とビーチだったよ。
 このあと、もねと一緒に大勢の観客の中で、イルカのショーを見た。
 イルカを鳴かせる芸もあり、もねが騒ぎ出すのではないかとハラハラしたが、疲れきって足元で爆睡状態だった。
【3日目】

(レンタカー)

仲泊遺跡

真栄田岬

ホテル・ルネッサンスリゾートオキナワ

那覇・泊港

渡嘉敷島・渡嘉敷港

(マイクロバス)

「とかしくマリンビレッジ」
 午前中、ホテル・ルネッサンスリゾートオキナワで、もね母念願のドルフィン・プログラムに参加。
 もね父母はウェットスーツに着替えて、イルカさんと初めて触れ合ったのであった。
 この間、もねは車の中でお留守番。
 急いで那覇まで戻り、高速船で渡嘉敷島へ。
 もねは船も初体験。結構揺れてもね母はゲロ寸前。もねもなんだか怪しげな顔をしていたが無事に到着し、迎えに来てくれたマイクロバスで宿に向かった。
 チェックインして部屋に入ると、目の前に広がる青い海!
 うーん、なんだかとってもリゾートチック。
 暗くなる前に急げっ、と早速、浜辺へ。
 浜ではお決まりの「とってこいゲーム」。
 ドロドロの所だろうが、雪の上だろうが、浜辺だろうが、広いところと見ればどこでもこれなのだ。
 きれいな海に感激していると、足元から「早く、なんか投げれ!」とこちらをにらむ視線…。
 ハイハイ、投げりゃいんでしょ、投げれば。それっ!
【4日目】

(マイクロバス)

渡嘉敷港

(フェリー)

泊港

(レンタカー)

読谷村「Pハウスゆめあーる」
 久しぶりに晴れた。シュノーケルやウェットスーツを借りて、シュノーケリングなのだ。
 プカプカ漂っていると、きれいな魚や、なんとウミガメまで、たくさん見えた。感激!
 部屋で待ってたもねも途中から合流。短いアンヨで一生懸命泳ぎ、とっても楽しそう(顔は真面目だけど…)。
 誰もいない浜辺で記念撮影。
 東京からはちょっと遠いけど、犬OKの宿の目の前に青い海と白い砂浜。こんなにいい所はなかなかないねぇ。いつかまた来れるといいねえ、とちょっと感慨に浸った。
 本島に帰るフェリーに乗船。
 来る時は高速船ですごく揺れたが、帰りは大きなフェリーだから大丈夫、と思ったら、またも結構揺れた。
 もねは客室不可なのでデッキ席へ。揺れるたびにザブン、ザブンと水しぶきがあがり、強風で飛んでくる。本島に着く頃には、全身、塩っぱくなってしまった。
【最終日】

(レンタカー)

残波岬

平和祈念公園

ひめゆりの塔

喜屋武岬

琉球ガラス村

レンタカー営業所

(マイクロバス)

那覇空港

(JAS)

羽田空港

(マイカー)

自宅
 もね家一同、沖縄は初めて。やはり一度は行かなければと、平和祈念公園とひめゆりの塔に行った。
 本島南端の喜屋武岬。すごい断崖。もねと一緒に恐々とのぞきこむ。
 戦争ではここから飛び降りて亡くなった人もいるらしい。
 きれいなお花の横で、エヘッと撮影。
 写真を撮ろうとするといつもムンッとした顔になるもねが、珍しく笑顔になった。
 もねも今回の旅行は満足してくれたかねえ。

 
 那覇空港では空けたケージに自分からすんなり入った。慣れたのか、疲れているのか。
 今回はケージの重量抜きで8,320円。結構いい加減かも。
 こうしてドキドキの沖縄発旅行も終わり、もね一家は帰路についたのだった。

前へ 次へ