2002年第1次夏休み
〜 2002/8/1-3 阿蘇〜

1日目 鹿児島⇒白糸の滝⇒阿蘇山上⇒内牧温泉
2日目 ⇒大観望⇒菊池渓谷⇒清流の森
3日目 ⇒日ノ尾峠越え(断念)⇒休暇村⇒白川水源⇒鹿児島

朝、鹿児島を出発。九州道を通って一路、熊本へ。
正確な所要時間は覚えていないが、結構早かったという印象。
高速を降りて、ちょっと迷って到着したのは西原村の白糸の滝。
軽井沢とか富士山の近くの白糸の滝と違って、普通の滝という感じだった。
でも、滝の近くはやっぱり涼しくて、もねココも滝壷に入って大喜び。
阿蘇の外輪山を越える手前の山田牧場ミルクの里で一休み。
手作りソフトクリームを見たもねとココは口元が白糸の滝に(^o^);。
根負けしたもね母からソフトクリームをゲット!

このあと、阿蘇山上の草千里に上ったが、天気が良すぎて足元がアッチッチ!
お散歩はあきらめて早々に宿泊先の内牧温泉に向かった。
 2日目はまず、外輪山にある大観望へ。
 朝なのでまだ大丈夫だったが、この日も好天で、足元アッチッチになりそうなので、展望台へ急いだ。
 5分ほど歩いて到着した展望台からは阿蘇カルデラ内を見渡せる大パノラマが展開。
 もねココは気持ちよさそうに草原をピューッと走り回ったが、そのあとは舌を出してゼイゼイと熱そう。
 火照った体を冷やしに、菊池渓谷へ。
 しかし、駐車場から渓谷へ降りる道に「犬は入れないでください」の看板を発見。大ショック!
 仕方なく看板がない別の道を通り、何とか城址へ向かう。
 あまり人が通ってなさそうな細い山道はどんどん険しくなり、ロープにつかまって降りる急斜面もでてきた。
 ここで新事実発見。「降りられない!」と泣くもねを追い越して、ココがどんどん急斜面を下っていく!ポーッとしているだけかと思ったが、身軽さではココが上と再認識した。
 さて、更に汗だくになって下っていくと、渓流の音が聞こえ始め、まもなく整備された遊歩道に合流、ありゃま、菊池渓谷に出ちゃった(^o^);
 通ってきた道に犬禁止の看板はなかったし、いまさらあんな急斜面戻れない。他の観光客もニコニコ見ているだけで誰も文句も言わないのでまあいいか、と水に入って遊ぶ。ヘヘヘ。
 水は透明で、すんごく冷たくて、気持ちがいい。
 もねココもいつものごとく木切れを追いかけ、プカプカと泳いで大満足。

 しかし、何でこんなにいいところが犬禁止なんだろうね!「渓谷を美しく守るため」らしいが、人間のほうがよっぽど自然を汚しているのに!
 3日目は、阿蘇山と根子岳の間の日ノ尾峠を車で越えようとするが、途中から草ぼうぼうの狭い道に。車の両側を草や木の枝で擦りながら(涙)、何とか峠までたどり着いたが、そこから先は更に道が狭くなっていて断念。1時間無駄にして元の道を下る。
 結局、国道を通って、ようやく峠の反対側に。
 新熊本百景の第1位で、根子岳が間近にそびえる大平原の「月廻り公園」に行くが、馬やヤギが放し飼いになっていて「犬不可」。近くの休暇村南阿蘇で遊ぶ。こっちは犬不可でなく、林の中の道や芝生広場などがあって、意外と良かった。
 阿蘇の伏流水が湧き出す白川水源。冷たくて、まろやかで美味。
 水源だから犬不可かと思ったが、奥の方の有料の水を汲む場所以外はOKだった。
 もねココは、湧き水が流れ込む川で最後の水遊び。水汲み客も足を止めて、「涼しそう」とニコニコ。
 帰り道、ふたたび山田牧場ミルクの里へ。2日前は近寄れなかったヤギさんに、ココちゃん、再挑戦。へっぴり腰で頑張った!
 最後はソフトクリームで仕上げ。
 「えっ!こんなところが犬禁止なの?!」というのがずいぶん多かったような気がするが、探せばそれなりに遊べるところはあったし、まずまずの夏休みであった。
 さて、第2次夏休みはいつ取れるのでしょうか?

前へ 次へ