〜お出かけ記録特別編〜

2002/5/27−28
東京→鹿児島


とーちゃんの突然の転勤のため、もねココ家は初の南国暮らしをすることに。

もね、ココと車を一度に運べるルートは
1.東京からずーっとフェリーで行く
2.東京からずーっと高速を走っていく
3.大阪まで走り、そこからフェリーに乗る
など。

結局、所要時間や疲労度などを考慮して3の案を採用。
丸1日以上かかる大移動に出発したのだった。


5/27(日)】
東京・杉並
→(中央道)
→(名神高速)
→(阪神高速)
→大阪南港
→(ブルーハイウェイライン西日本・さんふらわあ)→

【5/28(月)】
→志布志港
→国分
→(隼人道路)
→(九州道)
→鹿児島市


いよいよ東京での最後のお散歩。
毎日毎日よく歩いたねぇ。
次にこの道を歩くのはたぶん2年後。
みんな、覚えていてくれるといいなぁ。
走行距離10万キロを超えた愛車ビッグホーンでいざ出発。
中央道で一路、大阪を目指す。
八ヶ岳や諏訪湖を過ぎて、あっという間に駒ケ岳SAに到着。
涼しくて気持ちいいけど変りやすい変な天気。
途中、季節はずれの雹が降り、
車にバシバシ当たってびっくり。
滋賀県に入り多賀SAで休憩。
名古屋を過ぎたあたりから急に暑くなり、
鹿児島はもっと暑いのかなぁ、と憂鬱になる。
車に慣れてるもねも、さすがに疲れた(飽きた?)ご様子。
ドアの取っ手にあごを乗せて一眠り。
京都の手前で今度は突然の大雨。
雷も鳴って、もねがビビって、ブルブル震えて大騒ぎ。
大阪南港にようやく到着して、ホッと一息。
後ろに見えるのがこれから乗る「さんふらわあ」。
ご飯を食べて、散歩して、トイレして、いざ乗船。
もねとココは客室には入れないので、
乗船後、ペットルームに預ける。
空調は一応効いていたが、思っていたより随分狭かった。
備え付けのケージも、錆びていたりして、
あまりきれいじゃなくてガックリ。
この日は他のワンちゃんはいなくて、
もね、ココの貸切状態だったのは幸いだった。。
もねは備え付けのケージに、
ココは持ち込んだネットケージに入れて、しばしお別れ。
ペットルームは出航後はカギが掛けられ、
係りの人に頼まないとカギを開けてもらえない。
“面会”に行けるのも午後8時まで。
心配になり、一度見に行ったが
寝ていたのを起こしてしまったようだった。
人間用は個室を押さえて、結構快適な部屋。
窓から海も見えた。
長距離フェリーは北海道との往復で何度も乗っているが
日本海側のフェリーの方が、豪華できれいな気がする。
今回は中の上といったところか。
晩御飯を食べて、一眠りしたらあっという間に志布志に到着。
ペットルームにもねココを迎えに行ったら、
「早く出せ〜」と大騒ぎされた。
みんなで車に乗り込んで下船は順調。
「ついに、来ちゃったねぇ」と、九州上陸を果たした。
志布志から鹿児島市までは
フェリーで錦江湾を横断する手もあるが、
また船に乗るのも何なので、
陸路、錦江湾をぐるっと回ることに。
その前に、まずは腹ごしらえ。
ふと周りを見ると、きれいな芝生広場を発見。
また、2時間近いドライブになるので、ちょっと遊んでいくことに。
東京を出発してから丸一日。ようやく広場で思いっきり遊べて、
もねココもストレス発散。
走り回って、うん○して、しっ○して、さあ出発!
不動産屋さんでカギを受け取って、
ようやく新居に到着。
東京の家を出てから約28時間!
もねちゃん、ココちゃん、よく頑張りました!

前へ 次へ